【聴く読書】2ヶ月無料+100円Getキャンペーン中!!

【図解要約】WORK 価値ある人材こそ生き残る

ワンホ

この記事では、『WORK 価値ある人材こそ生き残る』の内容を
わかりやすく解説しています。

今回ご紹介する一冊は、Twitterフォロワー数12.5万人を超えるmoto(戸塚俊介)さんが書いた『WORK 価値ある人材こそ生き残る』という本です。

motoさんは会社員として働きながらも転職経験を元にしたメディアを立ち上げました。この会社を2021年4月に上場企業へ売却。その額なんと7億円!さらに、過去にも『転職と副業のかけ算』というベストセラー本を執筆しています。この本は「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にもノミネートされました。

本書からは、そんなカリスマ起業家であるmotoさんの「働き方」「仕事に対するマインド」について学ぶことができます。

ぜひ最後までご覧ください。

こんな人におすすめ
  • 仕事の不安を減らしたい人
  • 今の仕事で成果をあげたい人
  • 自分の働き方を見直したい人
目次

「仕事に探される人」になる思考法

まずは、「仕事に探される人」になるための基本的な思考法から解説していきます。

では、さっそく見ていきましょう!

自分の成長より会社の成長を考える

会社とは学校のように自分を育ててもらう場ではありません。

自分の価値を提供し、売り上げを作る場です。

「自分が成長できる会社に行きたい」という姿勢は、向上心があるように見えて、実は受け身になっています

そもそも仕事で活躍するとは、成果を生み出し「会社の成長」に貢献することです。

そして、スキルアップや成長は、会社のために働く過程で得られるものです。

したがって、「この会社を私が成長させるんだ」という意識を持つことが、今後のキャリアを変えることにつながります。

目の前のことに一生懸命になり、絶対にやり切るという意思を持つようにしましょう。

給料はもらうものではなく、稼ぐもの

もしリモートワークが会社に導入されて、「やった、仕事が楽になった」と感じている人は要注意です。

この状況に甘えて、自分のアウトプットまで低下してしまうと、自分の価値は下がっていきます。

「上司に言われたことだけやっていれば良い」

「今日はメールだけ返しておけばOK」

こういった働き方では、何もできない人になってしまいます。

毎月会社から振り込まれるお金ばかりに意識が向いている人は、自分の存在価値に目を向けましょう。

会社は「あなたの価値に対する評価」を「お金」という形で支払っています。

つまり、自分の価値を上げないことには仕事も給与も増えません

「会社からお金をもらっている」という感覚は捨てましょう。

逆に「今月、自分が稼いだお金は○○万円だ」という感覚で、自分の給与と向き合うことが大切です。

ワンホ

「給与はもらうものではなく稼ぐもの」これをしっかり意識しましょう。

仕事のアクションは自分で起こす

会社は「仕事を生み出して、お金を稼げる人」に対価として給与を払います。

したがって、主体的に動ける人の方が人材としての価値は高くなります

自分の抱えている仕事が「やらされ仕事」なのか「自分で生み出した仕事なのか」を考えてみましょう。

仕事ができる人は…

自分から仕事を作り続けることで価値を発揮している!

  • 時間があるうちに仕事の整理をしよう
  • 打ち合わせの資料を事前にメールで送っておこう

「どうせ働いたところで給与は同じだから、無駄に働かないほうがいい」という考えの人もいると思います。

しかし、この考え方は仕事で得られる経験値を少なくしてしまい、非常にもったいないです。

人材としての価値は「自分の経験」がベースになります。

長い目で見れば、費やす時間や行動量を増やすことが大切です。

誰もやっていない仕事はチャンス

仕事は信頼のある人のところに自然に集まってきます。

そして、信頼を獲得するには「誰もやりたがらない仕事」をすることが有効です。

「誰もやっていない仕事=全員にやる気がない状態」です。

だからこそ自分で主導権を握ることができます

自分がやるべきこと以外の仕事を新しく作り、それで成果を出せれば社内から大きく評価されます。

さらに、このような仕事でミスをしても、責められることはまずありません

つまり、誰もやっていない仕事ほどローリスク・ハイリターンなんです。

「社内では誰もやっていない」仕事を見つけてみてください。

誰もやりたがらない仕事を「やらされ仕事」として受けるのか?

それとも、「経験が得られるチャンス」と思える仕事にするのか?

受け取り方はすべて自分次第です。

成功する人の視点を持つ

次は、「成功する人の視点」についてまとめています。

成功者は仕事をどのように見て、行動しているのかを学ぶことができます。

売り上げに紐づいた行動をする

仕事とは価値を生み出し、会社の売り上げを作り出すことです。

これを達成するためには、売り上げに紐づく行動を増やすこと。

そして、逆に売り上げに紐づかない行動は最小限にとどめることが大切です。

では、どのように売り上げに紐づいたかどうかを確認するのでしょうか?

答えは、自分が関わった仕事が、最終的にお金になるかを確認することです。

例えば、宴会の出し物の練習などは、売り上げに紐づいていないことの代表例です。

自分が使った時間は「浪費」だったのか。

それとも「投資」だったのか。

これを考えることが重要です。

お金とのつながりがない仕事は自分から切り離すか、その仕事をしないようにする必要があります。

会社の評価面談で見られるのは、こういったあなたの行動です。

ワンホ

売り上げに紐づく行動をして、貢献度を確認する。めっちゃ大事です!

「自分株式会社」の考え方

本書でmotoさんは、「自分株式会社」という考え方を勧めています。

これは、自分自身を会社に見立てて、経営者目線を自分の中に持つということです。

簡単に纏めると次の通り。

「自分株式会社」の考え方

あなたは「自分株式会社」という会社の経営者です。

  1. この会社の売り上げは、今いる会社からの給与や副業の収入
  2. そこから家賃や食事代という経費や、住民税や自動車税等の税金が引かれる
  3. 手元に残った金額が利益

この考え方ができるようになると、次のような視点を持てるようになります。

「自分株式会社の売り上げを上げるには、何をすれば良いのか」

「どんなことに経費がかかっているのか」

転職をしたり、副業をすることで、自社の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。

また、飲み会に参加しないようにしたり、スマホ格安SIMに切り替えることで、経費のムダを抑えることもできるでしょう。

さらに、自分株式会社にとって経験は資産に入ります。

自分株式会社は「あなたの経験を使って売り上げを伸ばしていく」というビジネスモデルです。

たとえば、転職をして一時的に年収が下がっても、経験を得られれば長期的にはプラスになります。

このように、会社の収支を見るようにして、自分自身の働き方が「プラスになっているかどうか」を見極めましょう。

会社をビジネスパートナーだと捉える

自分株式会社の考え方ができると、今いる会社をビジネスパートナーだと捉えることができます。

会社に対して「自分の労働力を提供する、会社はそれを年収で買っている」という関係だと捉えること。

そして、あくまで会社と自分は対等だと考えます。

この考え方の大きなメリットは、「会社を利用する」という視点が持てるようになることです。

ほとんどの人は「自分は会社に利用されている」と考えてしまいます。

どんな仕事でも、「雇われているから仕方なくやっている」という気持ちで働いていれば、いつまでもやらされ仕事のままです。

そのままでは何歳になっても、言われた仕事しかできない人になってしまいます。

会社員はたとえ失敗しても、突然クビになったり、給与を返納しろとは言われません。

会社は大きな力を持ったビジネスパートナーです。

これを利用すれば、自分の将来に役立つチャレンジができます

その結果、転職のオファーをもらえたりすることもあります。

会社をビジネスパートナーとして捉えることで、会社に依存しない考え方ができるようになるのです。

仕事を作業にしない

「作業」とは、何も考えずにただ言われた通りに行動をすることです。

逆に「仕事をしている」というのは、自分の仕事にどんな意味があるかを考えながら仕事をしている状態をいいます。

上司の指示に対しても、なぜこの指示をされたのか、本当にこの仕事をやるべきなのか、という思考をすることが大切です。

頭を使って仕事に取り組むことで、初めて経験値を獲得することができます。

motoさんは本書で、「自分の頭を使って仕事に取り組む」ことを「脳みそに汗をかいて働く」と表現しています。

頭を使って行動しなければ、あなたの市場価値は現状維持になります。

変化の激しい時代においては、現状維持は衰退していくのと同じです。

脳みそに汗をかいて行動していきましょう!

成果を出して「自分の市場価値」を上げる

ここからは具体的な「自分の市場価値を上げる方法」について解説していきます!

「会社に探される人」になるために、確実に真似していきたいポイントです。

「許可」を求める行動をする

上司に仕事のことを相談するとき、多くの人は「どうしたらいいですか?」と聞いてしまいます。

しかし、このような場合は「○○してもいいですか?」という言葉を使うようにしましょう。

脳みそに汗をかいて働く、つまり自分の意思や思考をかませると、必ず「こうしてもいいですか?」という質問になります。

目の前の仕事に対して、どうするべきかを自分で考え、そのために必要な許可を上司に求めるところがポイントです。

上司の指示にただ従うのでは不十分です。

自分で考えて結論を出し、それを行動に移すことで、自分の仕事に責任を感じられるようになります。

自分に責任がある仕事ほどやりがいは感じられるものです。

目の前の課題をクリアするために、自分はどうすべきかを考えるようにしましょう。

主体性がないと成果が出ない

仕事では、何よりも「主体性」が大切です。

与えられた仕事をやらされ仕事にするか。

それとも、その仕事を利用して自分のために成果を出すか。

それは、自分の主体性によって変わってきます。

単調な作業や難しい課題を与えられたとき、motoさんはどうしたか?

本書では、「会社の売り上げを上げることに意識を切り替えた」と話しています。

まず、店全体の売り上げを1時間おきにチェックしました。

昨年の同時刻と比較して、売り上げが上がったかどうかを見ることにしたのです。

その時間の売り上げが昨年に負けていたら、最も売れている寿司の品出しを行ったり、ツマ盛りを手伝ったりしました。

このように工夫することで、お店の売り上げはどんどん伸びていったそうです。

売り上げが上がれば上司は喜び、そのうえ自分の仕事にオリジナリティが出ます

主体性を持つことで、仕事は楽しくなってくるものです。

仕事を作業にするか、作業を仕事にするかは自分次第です。

どんなに地味で大変な仕事でも、「何のためにやっているのか」という視点を持ちましょう。

作業は仕事に変えられます!

仕事にモチベーションを求めない

「仕事のモチベーションを上げたい」という悩みを持つ人は多いと思います。

しかし、モチベーションのことはいったん忘れた方が、自分の市場価値は上がります。

なぜなら、自分のやる気に振り回されてしまうと、仕事の成果にばらつきが出てしまうからです。

重要なのは、モチベーションに目を向けるのではなく、「相手にどんな価値を提供できるか」に集中することです。

目の前の顧客に対して「自分の介在価値」を高めることで、自分の市場価値は上がっていきます。

仕事に集中するようになると、モチベーションという言葉は出てこなくなります。

自分の価値を上げるためには、誰かに設定された目標をこなしても意味がありません。

それは「やらされ仕事」です。

代わりに自分自身で課題や目標を設定し、それを達成するための行動をする必要があります。

ワンホ

仕事にモチベーションを求めるのはやめて、「相手にどんな価値を提供できるか」に集中しましょう。

さいごに

いかがでしたか?

著者のmotoさんは、「行動を起こさないことこそ、最大の失敗だ」と考えて生きてきたそうです。

自分の会社を7億円で売却できたのも、会社員時代に小さな成果を出し続けたからだと語っています。

結果だけ見ると「そんなすごいこと凡人にはできない」と考えてしまいます

しかし、本書を読めば、それが間違いであることがわかります。

どんな仕事に対しても、「成果を出すこと」にこだわり続けたからこそ、成し遂げられた偉業なのです。

私自身もこの本を読んで大きく影響を受けました。

特に「自分の市場価値を上げる」というマインドは、これからの時代を生き抜くために必ず必要になる考え方だと思います。

本書の大きなテーマでもありますので、気になる方はぜひお手にとってみてください。

ワンホ

最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次